T家パパのマイデスク

株式投資をやってみようかとゼロから準備しています

学生時代に少しだけ株に投資してトレーダーごっこをしていたことがあります。

私はものぐさなので当時から「働きたくないでござる状態」でした。

なのでちょこちょこ手を出しては辞めてというのを繰り返していました。

 

株の投資もその一つですが、当然学生時代は元手が少ないです。

お小遣い程度しか入らず割に合わないと思い、

結局は塾講師のアルバイトをやっていました。

 

社会人になってからもやっぱり「フリーランス」とか「在宅ワーク」なんて言葉には魅力を感じます。

おそらくバリバリのサラリーマンにはなれないタイプなのかなと自分では思っています。

 

育児休業で時間を得たので株投資を再度やってみようかと思い絶賛準備中です。

学生時代は松井証券というところが良いというのを見かけたので、

一応口座は持っているのですが、もう時代が違います。

NISAだ非課税だという話も出ているぐらいですからね。

 

そのときそのときの良いものを調べていくのが良いでしょう。

というかこの際ゼロから始めたい!

 

なので口座開設から株式投資をするまでの経過も報告していこうと思います。

利益が出ない可能性も十分にあるので、無理なら無理ときっぱり諦めてしまおうという考えです。

もちろん利益は欲しいです!

f:id:HIRO81:20180508221404j:plain

 

 

 

まずはどんな取引をしたいか考える

取引の頻度

購入した株をどの程度の期間保持しているか、もしくは売るのかで取引の呼び方が変わるようです。

 

 ・デイトレード   :1日

 ・スイングトレード :1週間以内

 ・ポジショントレード:1週間以上

 ・バイアンドホールド:長期

 

という風に株を保持する期間でざっくりと取引形態の呼ばれ方が変わります。

ポジショントレードとバイアンドホールドなんて両方とも1週間以上ですし、

バイアンドホールドに至っては長期というざっくりした感じです。

 

それほど厳密に呼ばれているわけではないのが判ります。

私はせっかく時間がある状態になっているので「デイトレ(デイトレード)」がしたいです。

ようは毎日売り買いをして株を基本的には翌日に持ち越さないスタイルをとろうかと思います。

 

取引の対象

種類についてはもう色々あるのでしょうが、こちらもざっくり分けられます。

 

 ・日本の株

 ・外国の株

 ・IPO(新規公開株)

 

要はどんな株を買いたいかということですが、

ちょっと調べてみたら大抵の取引所でどれも買えそうな感じでした。

私は日本の株狙いでいこうと思っているのでここはあまり重要視していないです。

 

取引の種類

どういう買い方をするか。

私の中では現物取引一択ですが、一応検討はしました。

 

 ・現物取引

 ・信用取引

 

よく株で大損して破産なんてことを耳にしますが、それはおそらく「全財産ぶっこんだ」もしくは「信用取引をおこなった」かのどちらかだと思います。

 

株取引は基本的には余剰金でするものでしょう。

どこまでいってもギャンブル性をゼロにすることはできません。

全財産を投資に回せば当然全財産なくなる可能性があります。

 

信用取引についてですがこちらは「資金の限界を超えた取引」の事です。

「100万円しかないのに300万円分の株を買える」取引です。

もちろんメリットはあります。

利益が出れば本来の3倍儲かるなんて状態になるからです。

 

逆に損失がでた場合も3倍になってしまうのが恐ろしいところ。

さらに全財産を資金にしていた場合で3倍の取引をしていたとします。

 

すると全財産の3倍の負債が残るわけです。

これぞまさに破産です。

 

現物取引で全財産を投資していて失敗したとしても「0円になるだけ」ですが、

信用取引で何倍もの取引をしていると「マイナスになる」わけです。

 

当然素人の私は「現物取引」一本に絞っていこうかと思います。

もちろん余剰金でですね。

 

開設する証券口座選定

「デイトレで日本の株を現物買いする」というところまで決まりました。

というところで開設する証券所を調べていこうと思います。

 

とにかく色々ある証券口座

証券会社が山のように出てくるので

「デイトレ 証券会社 おすすめ」でググりました。

 

よく出てくる証券会社を少し上げておきます。

・松井証券

・SBI証券

・楽天証券

・GMOクリック証券

 

松井証券が出てきたことには地味に驚きました。

学生時代に開設していた口座が今だ健在だったことに感動です。

勝手に廃れていくんじゃないかと思っていました。

 

ただ今回はゼロから始めたいので、あえて松井証券を外します。

新たに「SBI証券」で口座開設をしていきます。

 

なぜSBI証券なのか

「深い理由はない」というのが正直なところです。

たまたま、友人との間で住信SBI銀行が手数料無料で良いという話がでていまして、

それに合わせてグループ会社であるSBI証券も開設しようと思いました。

 

上記で上げた取引所であれば手数料の差なんて微々たるものです。

ググってすぐに出てくるレベルの証券会社なので、

どの証券会社であっても良いサービスを提供してくれています。

 

なのでどれか一つが図抜けたサービスではないようなので、

たまたま縁のあったSBI証券会社にしようと思いました。

SBI証券の証券口座と同時に住信SBI銀行の口座も開設してしまうつもりです。

 

ネット申込とはいえ口座開設には時間がかかる

SBI証券はネットで口座開設ができます。

 

SBI証券公式サイト

SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA

 

フォームに必要事項を入力していくだけですが、

本院確認書類が必要です。

 

・マイナンバー(通知カードでも可)

・顔写真付きの本人確認書または顔写真なしの本人確認書

 

基本はマイナンバーの通知カードと運転免許書になるでしょうね。

私はマイナンバーが見つけるのに1週間ほど日数がかかりました。

というか無事に見つかってよかったです。

 

口座開設申請自体はすぐにできます。

とりあえず証券口座開設の第一段階としてはここまでです。

 

申請が終わったらSBI証券から「本人限定郵便」が届くのを待ちます。

2週間かからないぐらいで来るようですので一旦待ち状態です。

 

郵便が届くまではデイトレの勉強でもしておこうかと思います。