T家パパのマイデスク

クレジットカードは1枚使いがお得

最近、電子マネーにも手を出し始めましたが、私はもっぱらのクレジット派です。

そして楽天カードマンです。

 

結論としては楽天カードがおすすめですが、なぜ楽天カードがいいのか見ていきましょう。

 

 

f:id:HIRO81:20180516005622j:plain

 

現金払いで"お得"はあるのか?

お客視点

現金での支払いって実はほぼお客側にメリットってないんですよね。

もちろん現金限定クーポンの割引を受けられるときは現金の方がいいこともあります。

 

他にもそもそも現金しか受け付けていないこと(クレジット払い不可)もあります。

その場合はもちろん現金払いしかありませんね。

 

あとはクレジットカードでの支払いが何となく怖いとかいう人も私の周りにはいるので、精神的に現金払いが良いという人もいるのは事実ですね。

 

お店視点

一方でお店側にとって現金払いはメリットが大きいです。

店舗経営の話になるのですが、お店側は資金の底をつかないようにしなければならないため、可能な限り現金を残しておきたいのです。

 

現金払いであればお店側は即日で利益分の現金を手にすることができます。

ところがクレジットカード払いとなるとそうはいきません。

 

クレジットカード会社からお店側に支払い額を届けるまでタイムラグが出てきます。

さらにクレジットカード払いで発生する手数料はお店側が負担することになっています。

クレジットカードで支払われると利益率が下がってしまうという訳です。

なので、お店としてはぜひ現金で支払ってもらいたいというのが本音でしょう。

 

現金払いの結論 

現金払いの場合はほぼお店側にしかメリットはありません

では、クレジットカードでなぜ得ができるのかの話に入ります。

 

クレジットカードはなぜお得なのか

現金とクレジットカードを比べてなぜクレジットの方がお得なのか。

単純にクレジットであれば特典を受けられるからです。

 

しかも、先ほどお話したとおりで本来クレジットカード払いに必要な手数料はお店側がが負担するものです。

クレジットカード払いにすることで私たちお客側にはデメリットはないはずです。

 

どんな特典があるのかについてですが、クレジットカードによってさまざまなのでここでは書ききれません。

レジでの支払いが楽、ポイントがたまる、海外保険がついている、空港ラウンジが無料で使える、カード会員限定価格で商品が買える、などなど。

 

多くのメリットがあるクレジットカードですが、この特典について考えすぎるとカードを決められません。

なので、個人的な確認ポイントを説明します。

 

ただし、かならず「一括払い」を使用するようにしましょう。 

いくら特典やポイントを受け取れても利息を払ってしまうとお得感は激減してしまいます。

 

クレジットカードの決め方(確認ポイント)

クレジットカード年会費

まずこれですね。

クレジットカードによっては年会費が無料のものから数万円のものまで幅広くあります。

私のような庶民ではクレジットカードの年会費に数万円なんて支払う気にはなりません。

 

古いドラマとか見ているとクレジットカードがブラックだなんだというのをステータスとしていた時代があったようですが、ゆとりやさとり世代がはびこる現代の考えにそんなものは求められていません。

 

なので、年会費が無料のクレジットカードというのが前提です。

よく年に数回や数万円使用すれば年会費が無料という特典がありますので、実質無料系のクレジットカードも考慮の余地はあります。

ただ、そういう計算が面倒な方ははなから無料のクレジットカードを契約する方がいいでしょう。

 

付与されるポイントの汎用性はあるか

クレジットカードではほぼほぼ使用するごとにポイントが付与されます。

そこで気になるのが、どこでポイントを使えるのかというコトです。

 

例えばTSUTAYAカードであれば一昔前まではTSUTAYAのレンタルぐらいにしか使えませんでしたが、今ではファミリーマートでも使えます。

コンビニでポイントが使えれば大抵の商品が買えるので汎用性の高いポイントだと言えるでしょう。

 

これがレンタルでしか使えないとなると、年間の支払いをすべてTSUTAYAカードに集約してポイントをたくさんためてもなかなか使い勝手が悪いですよね。

そういう意味で汎用性がというのは大事だと思います。

 

その点、楽天カードであれば楽天でポイントを使えます。

それはつまり楽天カードであればほとんどの商品を買えるということです。

楽天では日用品から家電までさまざまな商品を取り扱っていますからね。

 

他の特典はおまけと考える

特典がどうとか説明してきましたが、「年会費」「ポイントの汎用性」これだけしっかりしていれば十分です。

例として「空港ラウンジの無料使用」とか挙げていましたが、実際年に何度も使いませんよね。

「カード会員価格で商品を買える」というのも特定の店舗では安いので相当多様しているのであれば別ですが、多少安い程度であれば「他の店舗では普通の価格で買う」ことになるのでそれほどうま味はありません。

 

入会特典には注意

入会時にポイント還元なんてものはどこでもやっています。

目先の数ポイントに踊らされず長い目で見て安いのかというのを考えなければなりませんね。

ただ、そこは上手く考えて年会費が無料なのであれば入会特典だけ受けて、サブのカードとして持っておくだけというのは有りだと思います。

 

クレジットカードは何枚も必要か

クレジットカードって種類が豊富にある分、入会特典や会員特典も豊富にあります。

そのせいで何枚もカードを持ってしまうという状況になりがちです。

 

複数枚持つこと自体は悪くない

「特典だけ受けて使わない」という方法を取るのも有りだと、先ほど少しお話しました。

 年会費が無料であればクレジットカードをもっているだけで、会員割引や入会特典を受けられるのです。

利用しない手はないでしょう。

そういう意味では複数枚のクレジットカードを持つのも有りだと思います。

 

使用するクレジットカードは絞る

複数枚持つのは特典を受けられるので良いとしても、実際に使用するクレジットカードは絞るほうが良いです。

私の場合は楽天カードに絞っています。

 

理由はやっぱりポイントの貯まり方にあります。

複数枚のクレジットカードを使用した場合、もちろん貯まるポイントはクレジットカードに散ることになります。

そうなるとクレジットカードによっては端数が出たり、一定ポイントまで貯めないと使えないといったことが起こりえます、

 

クレジットカードを絞ることで、すべてのポイントを特定のクレジットカードに集約できるのです。

まとまったポイントを使えた方が便利ですし、何よりややこしくありません。

 

 

いくらポイントがたまったか管理できなければ、最悪失効してしまうポイントも存在します。

そういったもったいない状況を回避する意味でも支払いを絞って、ポイントを集約してためるのが便利です。

 

定期的な支払い程クレジットカードを使う

クレジットカードを使う場面は買い物だけではありません。

「光熱費」「ネットの使用料」「携帯使用料」など月に必ず発生する料金でもクレジットカードを使えることがあります。

 

定期的に発生する料金を銀行引き落としにしてもあまりうま味はありません。

まして振込などは確実に避けるべきです。

手数料が発生して得するどころか損をしがちです。

 

クレジットカード払いにしておけば特に意識せずともポイントをためていくことが可能となります。

 

まとめ

クレジットカード払いが現金払いよりもお得なのは明白です。

可能な限り現金払いをさけてポイントをためるようにしましょう。

 

ポイントも貯まりやすいし、ポイントで買えるものの種類が豊富なので、

色々と調べるのが面倒な方には楽天カードをお勧めします。

 

日々の買い物の参考にしていただければ幸いです。