T家パパのマイデスク

GoogleAdsenseの審査NGの対策をしていきます

アフィリエイトをするためにAmazon・楽天に続き、GoogleAdsenseにもアフィリエイトの登録申請をしておりました。

今回は残念ながらGoogleより審査NGメールが飛んできましたので、

NG内容について記載しておこうと思います。

SEO

Google Adsenseから返信が来るまでの期間

申請を行ってから約10日でメールで返信が届きました。

 

私は1週間連絡がなかった段階で「審査状況についての確認依頼」をしましたので、単純に待った場合はさらに期間が延びるかもしれません。

審査状況の問い合わせ先は下記になりますので、音沙汰がない方は問い合わせをしてみるといいでしょう。

 

ただし、審査状況についての返信はありませんでした。

「現在調査中です」的な返信もないので気休め程度になるかもしれません。

ここは見てくれていると信じてできることはやっておく程度の認識でいる方がよさそうですね。

 

GoogleAdsense審査状況確認フォーム

docs.google.com

 

少し調べたところによると結果連絡までの期間は人によってまちまちだそうです。

 

最短で数時間という記事も目にしましたが、中々返信が来ないという方の記事の方がはるかに多かったので結果連絡はなかなか来ないものと考えた方がいいでしょう。

 

GoogleAdsenseの審査が厳しくなっているという噂

申請時点のブログの状況

落ちただけの私が言うのもなんですが「厳しくなっている」というのは間違いなさそうです。

今回、私は育児休業中ということもあり、手を抜いてコピペだけしたとか、記事数が1桁しかないというコトはありませんでした。

 

ほぼほぼ毎日記事を書いていましたので、記事数も15程度はありました。

記事数として多くはありませんが、ネット上にある情報から行くと最低限はクリアしているような印象です。

 

この審査NGの返信メールですが重要なのは「具体的な対策は記載されていない」ということです。

この対策が判らないというのが審査に通れない一番の原因になっています。

 

つまり審査NGが来てからが本当の勝負というわけです。

ここからどうブログを刷新していくか、試行錯誤してかなければなりません。

 

審査に落ちる原因

Googleのポリシーに準拠していないサイト」という指摘が審査NGメールに記載されていました。

準拠している」とはどういうことなのかがわからないのです。

 

でも、この理由については多くの方がダメ出しを喰らっていますので、

先人たちがどう対策していったのかはネット上に転がっています。

それらをヒントに自分のブログを改良しなければなりません。

 

私がGoogleAdsenseについて調べた記事にあったのは大体↓のような理由でした。

 

  • 記事数が少ない
  • 役に立つ記事でなければならない
  • 1記事あたりの文字数が少ない
  • "日記"系記事ではいけない
  • コピペしたような記事を記載している
  • 独自の内容で記事を書かなければならない
  • 違反記事(著作権侵害など)を記載しない

 

まとめると「自分で考えた内容で他人にとって役に立つ記事を量と質で用意せよ」ということですね。

こう見ると至極まっとうなように見えますね。

 

Googleはネット時代のトップ企業です。

黙っていてもアフィリエイトの申請依頼が飛んできます。

そりゃ、Google側から考えると妙なブログやホームページに広告を記載してもメリットはないと考えるでしょう。

 

今後ブログの方針をどうするか

上記の審査に落ちる原因と思われるモノのうち、特に上二つについて対策していこうと思います。

とりあえず記事数をもう少し増やした上で、過去記事に目次を付けたり、内容を濃くしたりといった対策から手を付けようと思います。

 

真偽のほどは分かりませんが、審査に落ちてすぐ再申請をしてもすぐNGになるようです。

もちろんすぐ申請するということは「改善されていない」と判断されても仕方がありませんよね。

2週間はブログの改善を頑張っていきます。

 

まとめ

今回は残念な結果となってしまいましたが、まだまだ諦めません!

GoogleAdsenseの審査に通るのはアフィリエイトの登竜門ではないかと思っています。

アフィリエイトがどうこうというよりも、ブログを大成させることを考えると、

この審査を通れるようなレベルのブログであることは最低限必要でしょう。

 

今時点のブログ内容では"有益ではない"とGoogleに判断されているというコトです。

それは私だけでなく、ブログを読んでくれている方にとってもマイナスです。

 

当面は記事数を増やしながら、過去記事の精査をしていこうと思います。

2週間後に再度申請をしてみますので、審査結果が来たらまた報告をあげようと思います。