T家パパのマイデスク

MacのOneDriveでスマホ・パソコンのファイルを無料共有する方法

一昔前までは考えられませんでしたが、最近はパソコンを複数台持っている家庭も珍しくありません。

それに加えてスマホやタブレットなんかも当たり前にある世の中です。

 

デバイスが増えると重要になってくるのが「デバイス間でのデータ共有」です。

今回はMicrosoftの「OneDrive」について紹介していきます。

 

 

クラウド ファイル共有 OneDrive

ファイル共有について

なぜファイルを共有するのか

写真や動画はスマホやタブレットで撮影すると、その撮影した端末の中に「ファイル(データ)」が保存されます。

 

スマホだけに保存されている写真や動画のをパソコンで編集するとなると、スマホだけにファイルが保存されていると都合が悪いです。

その編集したいファイルをスマホからパソコンに移さなければならないからです。

 

さらに編集後のファイルをスマホで確認したい場合は、パソコンからスマホへファイルを移し直さないといけません。

 

このようにファイルを共有ができていない状態だと「端末から端末へファイルを移動」させる回数が多くなります。

これは結構な手間になりますね。

 

クラウドストレージとは

ファイルを共有する方法はいくつかあるのですが、一番分かり易いのが「クラウドストレージ」と呼ばれる保存場所を利用する方法です。

 

これまでは端末の中に保存場所がありました。

スマホ本体、パソコンの本体、外付けHDD、SDカードなどです。

 

そういった保存場所にファイルを置くのではなく、「インターネット上にファイルを置く」というイメージです。

インターネット上にファイルを置いておけば、どの端末からであってもファイルにアクセスすることができるからです。

クラウド ファイル共有 すべての端末

クラウドストレージのイメージ

クラウドストレージのメリット

どの端末からでもアクセスできるというのは大きなメリットです。

例えばスマホで撮った写真をタブレットで見たい、パソコンで編集したいという場合であってもスマホから写真のファイルを移すという作業をしなくて済みます。

 

また、パソコンで編集した写真を外出中にスマホから見ることもできます。

パソコン本体に保存しているとそうはいきません。

 

クラウドストレージのサービス

ネットワーク上にファイルを保存することのメリットはお分かりいただけたかと思います。

ではどうすればクラウドストレージを使えるのかですが、「クラウドストレージのサービス」を使用します。

 

クラウドストレージのサービスはいくつもあります。

メジャーどころだとOneDrive、GoogleDrive、DropBox、Boxなどです。

いずれのサービスも無料版と有料版が存在しています。

 

無料版であれば正直なところどれを使っても性能的に大きな差はありません。

せいぜい無料で保存できるデータの容量が違うぐらいです。

 

Surfaceを使っていてMicrosoftアカウントを持っているならOneDrive、Googleアカウントをよく使っているならGoogleDriveといった具合にまずは使ってみるといいと思います。

無料で容量をたくさん使いたいというのであればBoxを使ってみると良いでしょう。

 

OneDrive

なぜOneDriveを紹介するのか

すでにお話ししましたが無料で利用する場合、どのクラウドストレージのサービスを使っても大差ありません。

今回はSurfaceのOneDriveに保存していたファイルをMacで見たいという状況に私がなったので、MacにOneDriveをインストールしました。

 

MicroSoftの製品であるOneDriveをわざわざMacに入れるというコトはあまりしないと思いますので、簡単ですがインストール手順を記載しておこうと思ったのがきっかけです。

 

MacへのOneDriveインストール手順

 ①OneDriveのダウンロード

 Microsoftの公式サイトよりOneDriveをダウンロードします。

onedrive.live.com

OneDriveダウンロード Mac版OneDrive

Microsoft公式サイトダウンロード画面

➁ダウンロードしたファイルを実行しインストール

 画面の指示に従って実行していけばインストールは完了します。

Mac版OneDrive

Mac版OneDriveインストール画面

③アプリケーションにある「OneDrive」を実行する

Mac版OneDrive

Mac版OneDrive実行

④OneDriveの初期設定

 メールアドレス入力欄には「@hotmail」のメールアドレスを入力します。

Mac版OneDrive

Mac版OneDrive初期設定画面

この初期設定で若干ハマってしまったのですが、OneDriveを用のフォルダを指定するところで「選択した場所ではOneDriveフォルダを作成できない」という警告メッセージが表示されたのです。

 

なぜ作成できなかったのかが不明なのですが、MacのHDD直下を指定すると次に進むことができました。

もし同じようなメッセージが表示された方は試してみてください。

Mac版OneDrive

Mac版OneDrive保存先設定

Mac版OneDrive

Mac版OneDrive初期設定警告メッセージ

⑤OneDriveインストール完了

 MacにOneDriveのインストールが完了するとMac上に「OneDrive」という項目ができています。

 このフォルダ上にはすでにSurfacePro4で保存しているファイルやフォルダが表示されています。

 これでMacとSurface間でファイル共有ができている状態になります。

Mac版OneDrive

Mac版OneDriveインストール完了



まとめ

OneDriveやGoogleDriveを使用すれば、どの端末でも写真や動画を共有することができます。

どの端末でもファイルを見たり使ったりできれば、より便利になることは間違いありません。

 

クラウドストレージのサービスのほとんどは無料で利用可能です。

まだクラウドストレージを利用されたことがない方は、すでにお持ちのアカウントから使いやすいサービスを選んで試してみてはいかがでしょうか。