T家パパのマイデスク

Surface Pro 4「失敗しない」保護フィルム

先日、画面揺れによるリコール対応でSurface Pro 4を交換してもらいました。

不具合の「修理」ではなく「交換」だったのが痛手でしたね。

 

綺麗に貼れて使用感も全く問題のなかった保護フィルムも当然なくなってしまいました。

そういう意味だと完全に無料とは言い難いですね。

保護フィルムもSurfaceぐらいのサイズになると安いものとも言えませんし。

 

今回貼りかえるにあたって全開とは違うものを選びましたので、使用感をお伝えしたいと思います。


 

Suraface Pro 4でおすすめの保護フィルム

保護フィルムの種類

保護フィルムは大きく2つの種類があります。

1.ポリエチレン保護フィルム

 

2.ガラスフィルム

 


通常、保護フィルムとしてイメージされるのはポリエチレンの保護フィルムですね。

「シートっぽい」感触のフィルムです。

 

ガラスフィルムは名前の通り「ガラス」素材でできているのでディスプレイに近いフィルムになっています。

 

ポリエチレン保護フィルムの特徴

価格は安めで、種類が多いのが特徴です。

ほとんどの方はこっちのタイプの保護フィルムを使われていると思います。

 

また種類と言っているのは「気泡が消える」「貼り直し可能」「衝撃耐性あり」「ブルーライトカット」など保護フィルムの性能のことです。

もちろん性能てんこ盛りになるほど価格は上がっていきます。

 

ガラスフィルムとは違いポリエチレン保護フィルムの場合、破れることはあってもフィルムが割れるということはありません。

 

ガラスフィルムの特徴

普通は保護フィルムと言えば安いものを買うことが多いと思うので、使ったことがない方も多いと思います。

価格は高いものが多く、何と言っても「ガラス」の触感が特徴です。

保護フィルムの性能としては「衝撃耐性」が高いですが、「気泡が消える」などの性能はポリエチレン保護フィルムよりも少ないです。

 

衝撃耐性は高いのですがガラス素材ゆえに割れることもしばしば。

 

 

保護フィルムの代表的な性能と特徴

気泡が消える

保護フィルムを貼り付けた時に「気泡が入る」のはよくあります。

フィルムに空気が入ってしまうのですが、この気泡が消えるという性能があれば、時間を置けばいつの間にか気泡が消えるのです。

 

貼り直し可能

保護フィルムは一度貼ってから外すと吸着力がなくなるので再利用できません。

貼り直し可能であれば保護フィルムの貼り付けに失敗してもはがして貼り直しができます。

 

自己吸着

保護フィルムをあまりこすらなくても保護フィルムが自ら貼りついてくれるので、画面へ貼るのが楽になります。

 

衝撃耐性

デバイスを落としたり、画面にモノを落としたりしてしまった時に、画面への衝撃を吸収してくれます。

この性能が高い程、デバイス本体の画面が割れにくくなります。

ガラスフィルムの場合はデバイスのディスプレイは守ってもガラスフィルムは割れるということがあります。

 

硬度

「H3」「H9」などと表示されています。

数値が高い程フィルムに傷がつきにくくなります。

 

ブルーライトカット

最近流行っているブルーライトをカットすることで目の疲れを軽減してくれます。

これもカット率が高い程、ブルーライトをカットしてくれるので疲れにくくなります。

ただし、ブルーライトカット眼鏡と同じくカット率が高くなると保護フィルムに黄色っぽく色がついてしまいます

 

覗き見防止

自分が使っている分には普通に見えるのですが、後ろからディスプレイを覗かれたときに内容を見えにくくしてくれます。

 

 

Surface Pro 4で買うべき保護フィルム

保護フィルムの説明も一通り終わったところで、Surface Pro 4で必要な保護フィルムをご紹介します。

ポリエチレン・ガラス両方の保護フィルムを使ってわかったのですが、Surface Pro 4では確実にガラスフィルムを買うべきです。

 

スマホやタブレットであればポリエチレンでもガラスでも好きな触感の方を選べばいいのですが、Surface Pro 4やiPad Proなどペン型のアクセサリが便利なものについてはガラスフィルムが良いです。

 

理由はペンの滑り」がまるで違うからです。

ペンを使って操作するときにポリエチレンだとつっかえてしまってストレスが凄く貯まります。

ガラスフィルムの滑らかな素材がペンデバイスを使うときにとても重要なのです。

 

ちなみに今は新たに「Suraface Pro」が出ていますが、ヨドバシの店員さんに確認したところ、Surface Pro用の保護フィルムでもSurface Pro 4に使える ようです。

 

 

まとめ

今回、違うのを買ってみようとしてポリエチレンにしてしまったのが運の尽き。

ペンを使っていられないぐらいのわずらわしさです。

せっかく買ったのでもう少しの間は使ってみようと思いますが、近いうちにガラスフィルムに戻します。