T家パパのマイデスク

画面の「ゆれ」で無料交換に出した『Surface Pro 4』が返送された

先日、画面の揺れによる不具合は無料リコールの対象だと遅まきながら気づき、

Microsoftに交換依頼を出しました。

ほんの数日でSurface Pro 4の返送がありましたので、送付してからMicrosoftが返送するまでの流れを説明していきます。

 


 

Mircrosoftが返送するまでの流れ

電話でリコール依頼を出してから、Surface Pro 4が返ってくるまでにMicrosoftから飛んできたメールと合わせて実施した内容を順に説明します。

 

①Microsoftからの確認連絡

電話で受け付け依頼を出してから約6時間後にメールが飛んできました。

思ったよりは遅かったですね。

18時に依頼をしてギリギリ日付を超えたぐらいの連絡でした。

 

このメールには「今後のスケジュール」と「リコールの依頼者がすること」が記載されていました。

 

SurfacePro4 リコール Microsoft

Microsoftからの連絡①(スケジュール)

SurfacePro4 リコール Microsoft

Microsoftからの連絡①(今後の手順)

 

「デバイスのバックアップ」のリンクが載っていますが、これは復元に使う大げさなバックアップではなりません。

単純に外付けのハードディスクにファイルをコピーしているだけです。

一応Microsoftの↓ リンク先を載せておきます。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4023529/surface-how-to-prepare-your-surface-for-service?WT.mc_id=EML_DeviceTracker_JA-JP_Z1A_RepairTicketCreated_ROW


➁段ボール箱に梱包してローソンへ

Surface Pro 4をMicrosoftに送る際は「ゆうパック」を使わなければなりません。

梱包が済んだのが6月9日の土曜日だったので、ローソンからゆうパックで送りました。

梱包ですがイズミヤというスーパーにある無料段ボールを使いました。

もちろんぴったりのサイズではなく、水が入っていた段ボールなのでSurface Pro 4と比べると3回りぐらい大きかったです。

 

緩衝材の代わりに、これも無料で置いてあるタウンワークをいただいてきて、ホッチキスを外して丸めたものを詰めました。

 

はた目からはとてもノートパソコンが入っているとは思えませんが、ローソンでなんら問題なく送ることができました。

ゆうパックの依頼をする際は「壊れ物」「ご注文番号(数字10桁)」を記載するのを忘れないようにしましょう。

 

関東の方でも同じようにイズミヤで段ボールもらえるのか調べようとしたんですけど、

一応イズミヤって関東にもあったんですね。

残念ながら「関東撤退」が決まったという悲しいニュースが目に入ったので余談ですが↓ リンクを貼っておきます。

www.sankei.com

 

③2日後にはMicrosoftから受領連絡が来ました

ローソンでゆうパックの依頼をしてから2日後の月曜日にMicrosoftから再び連絡が来ました。

私が依頼したのが土曜日だったので、営業日に連絡が来た可能性があるので、平日に送っていれば翌日には連絡が来るのかもしれません。

 

このメールが来ればリコール依頼としてはもう終了です。

依頼者側の作業はもうありません。

あとはMicrosoftが郵送してきたものを受け取るのみとなります。

SurfacePro4 リコール Microsoft

Microsoftからの連絡➁(受領通知)

 

④Microsoftの発送完了通知が来ました

受領通知が来た日の同日5時間後、Microsoftから発送連絡が来ました。

受け取ってから送ってくれるまで大分早いですね。

SurfacePro4 リコール Microsoft

Microsoftからの連絡③(発送通知)

⑤Surface Pro 4が手元に来ました

発送通知が来てから翌日にはSurface Pro 4は手元に届きました。

その後、デバイスのお届け通知がMicrosoftから送られてきます。

 

SurfacePro4 リコール Microsoft

Microsoftからの連絡④(お届け通知)

 

 

まとめ

リコールの依頼電話をしてから実際に手元に届くまで、6日程度でした。

ただ、私の都合で2日ほどSurface Pro 4の郵送するまで時間を喰いましたので、すぐにゆうパックで送っていれば5日ほどで新しいものと交換出来たと思います。

 

リコールの輸送作業自体でハマるようなところは、「どこで段ボールを手に入るのか」という点ぐらいです。

後はMicrosoftから送られてくるメールに記載のある通りに作業していけば簡単です。

 

むしろ、受け取ってからの復元作業が面倒ですね。

これからSurface Pro 4の復元作業をゆっくりしていきます。